ポイント【2】その土地と部屋を誰が求めているのか
ポイント【2】その土地と部屋を誰が求めているのか

最適な用途が決まれば次は間取りや広さ、あるいは仕様設備の調査が必要です。現在から将来に渡って市場は何を求めているのか。

そしてその建物の中にいかに多くの内容を取り入れることができるのかを検証していきます。

例えば、モノレール駅に近い土地であれば、駐車場の確保は最低限でよくなり、その分戸数を増やすことができます。また、古いアパートしかない地域では間取りや設備で他との差別化ができます。

ロゴマーク部分のみ_託一Groupe

資産活用の最大ポイント=安定収入

皆さんはご自身が老後受け取る年金額を把握していますか? 老後年金に頼りきった生活

建てる前に考えるべき3つのポイント

老後ゆとりのある生活を送るために、今から資産活用をしておく、土地を有効利用した方

ポイント【1】何の用途に向く土地なのか

ポイント【1】何の用途に向く土地なのか

不動産はこの場所にしかない固有の資産です。立地・地形・広土に加えて、そのエリアの

ポイント【2】その土地と部屋を誰が求めているのか

ポイント【2】その土地と部屋を誰が求めているのか

最適な用途が決まれば次は間取りや広さ、あるいは仕様設備の調査が必要です。現在から

ポイント【3】誰をパートナーに選ぶのか

ポイント【3】誰をパートナーに選ぶのか

法律・金融や税金などについて、それぞれの分野の専門家と言われる方々がいらっしゃい

託一グループは建築相談を随時承っております

共同住宅・戸建住宅の建築実績多数! 建築相談、随時受付中!

セミオーダー住宅・マンション建築・店舗やテナントビルの建て替えなどをご要望のお客様のご相談を随時承っております。